【宝塚歌劇団(宝塚音楽学校)受験のためのスクール】川路真瑳バレエスタジオ─東京杉並区にある宝塚音楽学校受験のためのお教室─夏期講習!冬期講習も!

ターチャン先生の想い

2009年10月のおたより

大きな空
 届かない空
でもつかめそうな白い雲
 ドキドキしたい
  ワクワクしたい
高い空にむかって
 両手いっぱいひろげたい
青い空にむかって
 みんなの笑顔を届けたい
もうすぐ 杉並洋舞
 川路っ子の笑顔を
み〜んなに 届けたい
 笑顔は 笑顔を呼んでくれるから
笑顔は 幸せの 第一歩
 笑顔は つくるもの ではない
心の底から わき出る もの
 努力した人だけが  味わえるあたたかい拍手
大きな夢にむかって 走りつづけてほしい
 夢を 先きのばしにしたくない
つかんでも 又、 にげるかもしれない……でも
 あきらめないで 又、 夢にむかって
走りつづけて ほしい
ワタシは いつも 川路っ子たちの姿に
  教えられることがいっぱい
やさしさは ブーメランのように自分に
  もどってくる
元気や勇気を生み出すのは
  やさしさの 力
気力が なえそうになる
  そんな時 川路っ子の笑顔を
そっと 心に 浮べる
  みんなの 笑顔が心の中をめぐる時
少しだけ 明るくなれる
  みんながつらくなりそうな時、私も
相手を 思いやれる……思い出してもらえる人に
  なりたい
持続することの大切さ
 持続して始めて知る心
空をみて 星をみて 太陽をみて
雑草をみて 足あとをみて 水たまりをみて
 自然からの教えに感謝できる人になりたい

自然は正直
 母が挿し木してくれたピンクのバラに
子供が出来た
 バラが 私の心を つなげてくれる
川路っ子たちが 群舞を通して
 心あたたかな、ゆたかな、やさしい大人に
なってくれる
 バラと同じように・・・
人に やさしさを 伝えながら 生きて
 くれることを信じて
  楽しく 明るい スタジオ
 みんなの 笑顔が ずっと ゝゝ
  つづいて 人生の 思い出のページに
 バラと共に生きつづけてほしい・

おこごと!
おけいこ場の 大きな鏡に バーの柱を
ぶつけて 左はじが 割れた、ワタシは
10日間 あやまりに来てくれるのを
待っていた・・・
ケガしなくて良かった、でも あの
大きな鏡をとりかえるのは
バーを外して、バーの金具の通りに
鏡を ひび割れないよう処置をして

鏡のウラに クッションを入れて
かべにも クッションを入れて
大きくて 曲がらない 鏡を地下に
入れこむのは 三人がかり
これで三回目のヒビ割れです
今回のキズからヒビが入りやすく
なるそうです、バーを移動する
時にはみんなで心をつかって下さい
人にも鏡にもバーにも
心を こめるということです
みんなのお教室なのですから

このページのトップへ